s_OZP85_yabeeonakaitai500

本日あった恐怖の体験のお話です。

昼食後、時間にしておやつ時の15時位。仕事中に突然お腹が痛くなる
そしてトイレに行ったわけです。

で、用を足していたんですが仕事場のトイレはウォシュレットのリモコンが
無線式で壁に付いてるものです。なんとなくそれを見てみると

電池が残り1メモリになっている!

そこでボケっと考えて、コレってもし電池がなくなったらウォシュレット使われへん?
それはいいとしても便器の水って流れるの???

想像したらチョー怖い!!

まあまさかピンポイントにそんなことは起こらないだろう。
その時はそう考えていた。

そしてウォシュレットのボタンを押して見ると、、、

 

完全に沈黙・・・

 

オーマイガーッ!!

 

そんな奇跡のような事が本当に起こりえるのか?コレは孔明の罠か?
なぜ今、このタイミングなんだ!もう一人後でも良かっただろう!
お前はなぜ俺を選んだ!

そんなことを思っていました。まあいつまでもそうしていてもしょうがないので
とりあえず便座から立ち上がり、願いを込めて水洗ボタンを押して見る。

流れた!!勝った!

コレで最悪の事態だけは避けれたわけです。
そしてデスクに戻り、即座にこの事をチームの人に言ってみた。
するとごく冷静に、「便座の右後ろにボタンが有りますよ

は?なにそれ?

じゃあそれをもっと大々的に告知してくれ!コレはトイレメーカーの怠慢か!
僕みたいに家が和式トイレの人間はそんなこと知らんぞ!
それともそんなことも知らない奴にはウォシュレットを使う権利は無いと?
そうですか、そういうことですか。

とにかく今回は無事に解決しましたが、最悪、便器の水が流れないなんてことが起これば
どうしようかと思いましたよ。

このような事態にならないためにも、今度から携帯ウォシュレットを持ち歩こうかと
真剣に考えた出来事でした。

こんなやつね

 

面白かった・役に立ったならSNSでシェアしてもらえると嬉しいです!

最後にランキングの応援もお願いします(≧∇≦)/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人プロフィール

s_CIMG1006
黒っぽいネコ

動物、水樹奈々、食べ歩き、アウトドア、旅行など好きなことが多い多趣味人間です。

性格はマイペースですが筋が通ってないことが大嫌い。友人からは独自の美学や哲学が多いと言われる変態です。

好きな奈々ソンランキング

ページ上部へ戻る