14917

今回はかなり古いゾンビ映画で1985年の作品です。僕が1歳の時に作られた映画。

最初からゾンビが居てるんですが、どうしてそうなったのかとかは一切わからない感じです。

地下基地に科学者と軍人が生存しているんですがなんかもうめちゃくちゃです。なんとなく見ている人を置き去りにしている感がひどい気がします。

監督はゾンビ映画界の巨匠、ジョージ・A・ロメロなんですけど、この作品はどういった位置にあるものなんでしょうか?僕にはしょうもない映画なんですけどw

なんかすごくぶっ飛んだ設定だったのは研究者の博士が実験で捕獲していてバブと名づけたゾンビ(入浴剤ではない)がいるんですけど、そいつが多少知性があるんです。

終盤にはそのバブが大活躍しますのである意味見ものですw

一応最後には主人公らしき女性とほか二人は生き残ってどこかに逃げ延びています。

この映画は人がゾンビにガシガシ食われていく様を見たい人にはそれなりに楽しめるかもしれません。でもそれほどグロくないので、グロいのが好きならサンゲリアを見ることをオススメします。

→ 死霊のえじきの詳細をみる

 

面白かった・役に立ったならSNSでシェアしてもらえると嬉しいです!

最後にランキングの応援もお願いします(≧∇≦)/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人プロフィール

s_CIMG1006
黒っぽいネコ

動物、水樹奈々、食べ歩き、アウトドア、旅行など好きなことが多い多趣味人間です。

性格はマイペースですが筋が通ってないことが大嫌い。友人からは独自の美学や哲学が多いと言われる変態です。

好きな奈々ソンランキング

ページ上部へ戻る