インド秘伝のマーカレーが食べれる居酒屋 笑うや

s_DSC_0660

以前昼ごはん時にお店を探して歩いていると不思議な看板を発見しました。
s_DSC_0662

インド秘伝の味のマーカレーと言う看板。マーカレーってなんぞや?
というわけで行ってきました。

お店はインドっぽさの全くない普通の居酒屋です。
s_DSC_0661

店内は入口入ってすぐの場所にめちゃ狭のカウンター3席。そして二階にも席はあるようでした。
僕は今回入り口すぐのカウンターに座りました。ドアが開け放たれてるので
結構背中が寒かったです。

メニューを見てみるとカレーオンリーの様でカツカレー、ビーフカレー、マーカレーの
三段構えでの陣形です。なんでチキンカレーが無いんや!横暴や!
小さい頃からチキンカレーで育った身としては看過できない問題です。
s_DSC_0658

あと地味にマーカレーと他のカレーの値段差が激しいです。
って訳で今回はお店に来てみた目的のマーカレーを注文。

オーダーを済ませてからカウンターの上を見てみると、スパイスが置いてありました。
もしかして割りと本格的なのか?
s_DSC_0659

そんなことを思っているとカレーが出てきました。
s_DSC_0660

なんていうか、ゴロっとした具材はありませんでした。
ほんとにほぼルーとカレーのシンプルな物。

でも味は割りと美味しかったです。なんかオカンのカレーを彷彿とさせる
感じの懐かしい味付けです。まあ懐かしいって言っても僕は実家なんで
しょっちゅうオカンのカレーは食べてますが。

味はいいんですが、ちょっとボリュームが足りない感じですね。

 

面白かった・役に立ったならSNSでシェアしてもらえると嬉しいです!

最後にランキングの応援もお願いします(≧∇≦)/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人プロフィール

s_CIMG1006
黒っぽいネコ

動物、水樹奈々、食べ歩き、アウトドア、旅行など好きなことが多い多趣味人間です。

性格はマイペースですが筋が通ってないことが大嫌い。友人からは独自の美学や哲学が多いと言われる変態です。

好きな奈々ソンランキング

ページ上部へ戻る