伊根のレストラン舟屋でブリの旨さに驚愕する

TOKIOがDASH島に建てた小屋を作る時に建築様式を参考にした舟屋がならぶ京都の伊根に行ってきました。

目的地は道の駅舟屋の里伊根で結構高台になってるところにありました。当日は雨が降ってたんですけど割りと普通に観光客が来てました。

到着した時間がちょうど正午あたりやったんで店が混雑する前に入ろうって事で道の駅内のレストランに行きました。

スポンサーリンク

天気が良ければ伊根湾が見渡せる店内


レストランは建物の2階にあって階段の上り口には本日のおすすめメニューが掲示してあります。一日30食限定のぶり小鍋定食ですね。


階段を上ったら壁に写真付きのメニューがいろいろと貼ってあるからわかりやすいですね。


これでやっとお店の入り口に到着、椅子がいっぱい置いてあるからランチタイムは待ちが発生するんかもしれませんね。


座席は自由に選べるようになってて今回はテラス席の手前のテーブルにしました。


雨で残念ですけどここからでも景色は見えるようになってます。


残念な景色にちょっとだけショボンとしながらもとりあえずはメニューを見てみます。メインの定食系は魚だけじゃなくてとんかつとか唐揚げのフライ系も多少あって子どもでも食べやすいかと思います。


他にも丼とうどんがちょっぴりだけとドリンク系があります。

今回は最初からブリを食べるのは決めてたんでブリ刺身定食(2000円)とブリしゃぶ小鍋定食(1600円)を注文しました。

スポンサーリンク

いくらでも食べれる新鮮なブリがめっちゃ旨い!


まずはブリ刺身定食です。結構な量の刺身と蕎麦、和物、漬物、味噌汁、ご飯って内容です。


見よ!このブリの美しい光沢を!

刺身も薄っぺらいものじゃなくて食べごたえがある厚みで歯ごたえもあるし、何よりも魚の臭みが全く無くてただ旨いです。

しかもこの定食、小鉢の蕎麦も和物も全部美味いっていう死角なしの全方位攻撃可能タイプのすごいやつなんですよ。

なんか僕だけがテンション高くておかしいヤツみたいになってるけど、マジで美味いから一回食べてみて!


続いてこっちはブリしゃぶ小鍋定食、こっちは刺身よりも薄切りで大きめにしてるブリと小鍋がある代わりに蕎麦がなくなってます。


ブリはこんな感じです、もちろんこれを刺身で食べても普通に美味いです。でもちょっと量が少ない感じしますね。

鍋の中身を写真とるの忘れましたけど白菜とかちょっとした鍋の具材が入ってます。

ブリを鍋にくぐらせて火を入れすぎへん様にして食べてみたらこれも食感が楽しめていいです。

ちなみにこのブリしゃぶそのままで食べるよりも美味い食べ方を発見しました、刺身定食の分厚いブリをしゃぶしゃぶで食べた方がブリをより楽しめます。

分厚い切り身でしゃぶしゃぶにすると表面の火が通った部分と中心の生の部分を多く楽しめて良いんですよね。

舟屋レストランの感想

ぶりに関しては文句なしです。スーパーで買って食べるブリは臭みがあったりであんまり美味しくなかったりするんですけどさすがに伊根は日本の三大ブリ漁場だけあって鮮度が良いです。

ちょっと気になったんはブリしゃぶ定食のブリがあまりにも少ないってことですかね、刺身定食と比べるとあまりにも少ない感じがします。

ブリ自体が値段が高いんでどうしても量には限界があるんでしょうけどもうちょっと増やしてくれると嬉しいですね、せめてブリを6枚に!


ちなみにこのお店会計でクレジットカードが使えるのも嬉しいです。

店舗情報

店名:道の駅 舟屋の里 伊根「レストラン舟屋」
住所:京都府与謝郡伊根町字亀島459番地
TEL:0772-32-0680
営業時間:11:00~17:00 ラストオーダー16:00、1月~2月は11:00〜16:00 ラストオーダー15:00
定休日:火曜日
駐車場:あり
ホームページ:レストラン舟屋公式サイト

 

面白かった・役に立ったならSNSでシェアしてもらえると嬉しいです!

最後にランキングの応援もお願いします(≧∇≦)/

お問い合わせはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

好きな奈々ソンランキング

ページ上部へ戻る